幼児教育お役立ち情報

2016/04/1

幼児教室の選び方 – 10のポイント

preschool_choose

6歳までに決まる?子どもの学習意欲

幼児教育は必要なの?
赤ちゃんから教育なんて逆に悪影響があるのではないか?
そのような疑問を持っている親御さんも多いのではないでしょうか。

小学校6年生の時の成績は小学校1年生の時の成績と86%、つまりはほぼ変わらないという調査結果があります。つまり6歳までに教育はほぼ完了しているのです。

学習への意欲は6歳にリンクスワンという脳細胞の発達を止める物質が出る前までは、誰もが強く持っています。
その為リンクスワンが出る前の6歳までの乳幼児期に幼児教育を行い、理想的な脳内のネットワークを構築することがIQを高くすることであり、ネットワークができる喜びを感じさせることが学習意欲につながると言われています。

早すぎる幼児教育が悪影響を及ぼすのではないか?
そんな声もよく聞かれますが、脳細胞は生後4ヶ月頃から爆発的に増え続けます。1歳までに完成してしまう脳細胞もあるそうです。
その為、幼児教育への取り組みは早ければ早いほどその効果は高いと考えられています。

文部科学省も幼児教育の無償化に向けて取り組んでいることからも幼児教育の重要性が注目されています。

では幼児教育を行う時にどのような教室を選べば良いのでしょうか?

幼児教室選びの10のポイント

1. 好奇心旺盛な子どもの瞳が輝いているレッスンか?
子どもに無理強いをしたり、苦痛に感じるような環境はマイナスに働くので注意深く観察が必要です。

2. 毎週のレッスンだけでなく家庭用教材が充実しているか?

3. 少人数制で親子ともに愛情あふれるきめ細やかな指導が行われているか?

4. 知識偏重型でなく、何より子どもの心の成長を大事に指導しているか?

5. 豊富な教材で子どもが飽きないようなテンポ良いレッスンか?

6. 年齢ごとの教育プログラムで、大事な幼児期にさまざまな能力がバランスよく伸ばせるよう考えられているか?脳科学に基づく最新の企業研修にもなっている脳波コントロールなどの知見を取り入れているか?

7. 教室数も多くたくさんの生徒からの信頼を得ているか?

8. 毎週のレッスンを親子で心から楽しんでいるか?

9. 幼稚園受験、小学校受験などのニーズにも対応しているか?

10. 保護者向けのセミナー・勉強会等専門家によるフォロー体制などがあるか?

親にとって、好奇心旺盛な乳幼児期に一緒に学ぶ楽しさを教え、子どもの可能性を広げてくれるような幼児教室を選ぶことが大切なのではないでしょうか。

フェイスブック ツイッターをフォロー お問合せ