コラム

2014/01/521 「良い習慣」を身につけましょう

『7つの習慣』は、世界で1500万部以上も発売されている世界的ベストセラーであるビジネス書です。
日本では1996年に発売され、100万部を超える異例のベストセラーとなりました。
この本の著者は、アメリカのスティーブン・R・コヴィー博士。
コヴィー博士は、
「人生において成功するための土台は人格にある」
という考えのもと、リーダーシップを発揮し、素晴らしい人生を送ったさまざまな分野の人物たちが、どのような考え方や習慣を身につけていたのかを研究しました。
そして、その研究結果を以下の7つにまとめました。
ジャンルとしてはビジネス書ですが、子どもたちの人間力を育てるためにも役立つ内容と思われますので、簡単にご紹介します。

第一の習慣:主体性を発揮する
自分が選択するということです。
例えば、どんなことでも人のせいにするのではなく自分自身の問題として考えるという意味です。

第二の習慣:目的を持って始める
自分なりの考え方をしっかり持って、例えば、将来のなりたい自分のために学校がどんな意味を持つのかを考えるという意味です。

第三の習慣:自己管理の原則
一番大切なことを優先するということです。
自分にとって大事なことを理解してやるべきことの優先順位を、考えられるようになるという意味です。

第四の習慣:WinWinを考える
Win-Winとは双方どちらも勝つような解決策を見つけるということです。
相手に対する思いやりと自己を主張する勇気をあわせ持つという意味です。

第五の習慣:理解してから理解される
まず相手を理解してから次に理解されるということです。
聴く力を身につけて、気持ちの良いコミュニケーションが出来るようになるという意味です。

第六の習慣:相乗効果を発揮する
よりよい答えを出すことを目指すということです。
周りと協力しあうことで、一人の力よりも大きな力を生み出せるようになるという意味です。

第七の習慣:刃を研ぐ
自分を磨くということです。
バランスよく自分を高め続け、自分自身に誇りを持つような習慣を身に付けるという意味です。

今からでも始められそうな心がけばかりですね!
ぜひともお子様とともに話し合ってみてください。

――デイビッド・スター・ジョーダン(スタンフォード大学初代学長)の言葉――

正しい生き方なくして真の成功はあり得ない。

コペル 代表 大坪信之

フェイスブック ツイッターをフォロー お問合せ