コラム

2017/02/1555 赤ちゃんは学ぶことが大好き(3)

前回まででお話ししたように、赤ちゃんは一歳になるまでに、本当にたくさんのことを学び、大いに成長します。

生まれたばかりの赤ちゃんですら、ただ受け身で大人の声を聞いているわけではありません。

大人は本能的に、赤ちゃんには高い声でゆっくり、母音を伸ばしながら歌うように話しかけます。

これは「マザリーズ」と呼ばれます。

この「マザリーズ」で話しかけてあげると、赤ちゃんは熱心にコミュニケーションをとろうとします。

「マザリーズ」には、はっきり発音し、単語と単語の間を区切るなど、言葉を覚えるのに適した特徴があります。

だから、赤ちゃんは「マザリーズ」を好むのです。

このことからも、赤ちゃんが大人の話すことを聞きたがっており、もっと多くのことを学びたがっていることがわかりますよね。

ちなみに、生後三ヶ月までの行動は、将来の性格にはあまり関係ないと言われていますから、多少気難しくても、心配はいらないそうですよ。

お分かりいただけましたか?

赤ちゃんは生まれた時から、勉強することが大好きです。

特に生まれてからの一年間は、自らたくさんのことを吸収し、学んでいきます。

赤ちゃんが新しい世界を発見し、成長する姿を、たっぷりの愛情で見守ってあげてください。

コペル 代表 大坪信之

フェイスブック ツイッターをフォロー お問合せ