ママたちの声

2012年6月10日

石川 芽依ちゃん

お陰様で受けた二園からご縁を頂くことが出来ました。どちらの園も"お受験"と言っていいのか?ご近所の私立幼稚園だと思うのですが、競争率が高く、ダメだったらどうしようと少し不安な気持ちで臨みました。娘も反抗期と、今頃やってきた人見知りがございましたので、行動観察も面接も大丈夫かしら?と心配しておりましたが、本番は思っていた以上に上出来でした。全てはコペルでの体験のおかげだと思っております。
授業の始まりに一人ずつ聞かれる「名前」「年齢」、名前を呼ばれての返事、また「好きな食べ物は?」「好きな動物は?」という問いに対する答えが、面接の際に発揮されました。面接で聞かれたことも、普段コペルで聞かれていることでしたので、すんなり応えていました。
行動観察は、両園ともに母子分離で、数人の子供を別室へ連れて行かれたので内容は分かりませんが、普段からコペルで同じ歳の子と触れ合っているので、臆することなく私と離れて行きました。(中には「ママと行くぅ~」と泣いてる子も)そして、楽しそうに笑顔で戻ってきました。子供だけでなく、私にとっても授業始まりに毎回聞かれる「お子さんのいい所、褒めてあげたいことは?」という問いに答えられるよう、普段から子供の良いところや成長を逃さないよう心がけていたせいか、幼稚園に提出する質問書や願書に記載する"子供の長所、短所"などという問いをすんなり書くことが出来ました。また、現在、同じクラスに5人(ウチの子を含めて)のお友達がいるのですが、お互いに幼稚園のことなど情報交換をすることが出来、一緒に悩み、闘って(笑)、幼稚園の受験に臨むことができました。
本当に感謝しております。先生、皆さん、ありがとうございました。
フェイスブック ツイッターをフォロー お問合せ