ママたちの声

2019年6月24日

[埼玉/川口市] 南鳩ヶ谷教室 のママの声(24)

佐藤栄学園 さとえ学園小学校, 開智小学校(開智学園総合部)
受講生:T.Oくん(6歳)
「受験はドラマです。家族が一丸となって行うものです」

まきこ先生から初めにお話があった時には、その言葉の意味することがどういったことかまだ分かりませんでした。

年長時に初めて受けた春期講習で課題が山積みであることのお話をしていただきました。

そして限られた時間の中で効率よく学ぶため、家庭での取り組み方も詳細に教えていただけました。

受験のプリントはまきこ先生の沢山のアドバイスや手書きでポイント等を書いて下さり、家庭学習においても先生が共に指導して下さっているようで常に温かい気持ちで取り組めました。

息子はまきこ先生から日々行うように指導していただいたことは、自ら進んで毎日コツコツと必ず行いました。

息子にこんなにも真面目で熱心な一面があることに家族全員が驚きました。

お声かけの魔法によって素敵に変わっていく息子を頼もしく思うと共に、家族全員が全力で応援していきたいと思うように意識が変わっていきました。

主人は運動面をみてくれたり、家事なども含め沢山の協力をしてくれておりました。

受験日を一か月前に控えた時、息子のぬけきれないくせをまきこ先生が見抜いてくださり、知った時には涙が出そうになりました。

「まだ泣くのは早いです。一か月で出来るようになります。」とまきこ先生は不安な気持ちを一掃するように言い切って下さり、とにかく教えていただいたように強化する日々を積み重ねました。

受験日当日、娘は手作りのお守りを息子に作ってくれました。

家族で円陣を組み、手をつないで全員の想いとありったけの力を息子にこめました。

志望したすべての学校からご縁をいただけた時、息子は「みんなのお陰で合格出来たんだよね。お母さんありがとう!本当に嬉しい!!」と目を潤ませ、今まで全身全霊でご指導をして下さったまきこ先生、そして切磋琢磨して日々学んだお友達、家族への感謝の気持ちを口にしました。

周りの方への感謝の気持ちを初めに口にした息子に目頭が熱くなりました。

そのように知育に偏らず徳育を大切にご指導をして下さったまきこ先生には、簡単に言葉では表せないほど心から感謝をしております。

辛いものだと感じていた受験がまきこ先生に出会い、一日一日精一杯出来るベストを尽くし最後の最後までで諦めない経験を経たことで、息子にとっても家族にとっても濃密で充実した素敵なものだと感じられるように変わりました。

志望校に出ないと思われる程難しいと思われる問題も、まきこ先生は息子に教えて下さいました。

受験レッスンの時でも子どもたちが興味をもつ内容にするために、沢山の準備をして下さいました。

夏から急に志望校を一校増やし、試験傾向が今年度は変わったなか対応が出来たのは、日々のご指導の賜物だと感じております。

そして息子の可能性を最後まで信じて、涙あり笑いもあった本当にドラマのような時間を共に家族と二人三脚で歩んでくださったことは我が家にとって一生の宝物となりました。

小学校に入学後も、まきこ先生のもとで学べることを幸せに感じ、今からとても楽しみにしております。

息子共々、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

※画像はT.Oくんの作品です

同じ教室のママたちの声同じ教室のママたちの声

フェイスブック インスタグラム ツイッターをフォロー LINE@ お問合せ