ママたちの声

2013年3月16日

Y.Y君

西南学院小学校合格
息子がコペルに通い始めたのは、1才の誕生日をむかえた頃でした。ですからコペルと共に息子の成長がありました。子どもの可能性を信じ、認めてあげること、良い所を見つけてのばすというコペルの教育方針に支えられ、育児も頑張ってきました。その延長に、小学校受験という1つの選択があったように思います。
初めは、「6才の子どもに勉強ばかりさせるのも…個性がなくなったらどうしよう…」と悩んでおりましたが、先生方の「必ず、親子共に、成長することができますよ。」という言葉を信じて受講することに決めました。すると、息子は、「受験コースは色々な事を教えてもらえるから楽しいよ。」と言い、毎回レッスンを楽しみに受けておりました。私も、毎回のレッスンで、知識はもとより、精神面、社会面で成長していく息子の姿を見ることがとても楽しくなってきました。そのなかで、小学校受験は、子どもだけが勉強すればいいのではないことに気が付きました。親も共に学び、また、今までの育児、教育方法、子どもとの関わり全てを見直すよい機会であるのではないかと思えるようになりました。この10ヶ月間、こんなに親子共に日頃の生活や遊び、勉強など一生懸命取り組んだことはなかったと思いますし、このがんばりは、我が家の大切な宝物になったなあと思います。
受験当日、緊張している私に向って、息子が「大丈夫。今まで頑張ってきたんだから大丈夫だよ。」と笑顔で言ってくれた言葉が忘れられません。
こんなにすばらしい経験ができたのも、いつも温かく、熱心にご指導下さいました先生方のおかげだと、深く感謝しております。本当にありがとうございました。
フェイスブック ツイッターをフォロー お問合せ