幼児教育お役立ち情報

2016/10/7

スキンシップが子どもの成長を加速させる

physical-contact-growth-acceleration

スキンシップが成長を加速させる

子どもが昨日できなかったことが、今日できるようになったりすると、親として子どもの成長をはっきりと実感できます。そんなときは、お母さん(お父さん)の嬉しい気持ち、幸せな気持ちを子どもに直接話しかけて見ましょう。

「すごい!」とか「えらいね!」とか「上手だね!」というお母さんの感動の言葉は、子どもにとっても最高のほめ言葉だからです。

そして、言葉だけじゃなく、からだでも愛情をたっぷり表現してください。だっこしてあげて、ほっぺをスリスリなんて、最高のスキンシップです。

そして、このようなスキンシップは、子ども自身も嬉しくなりますし、またお母さんを喜ばせたい、だっこしてもらいたいと思い、より成長を促進することになります。

スキンシップが脳に与える好影響

スキンシップをとると、脳の下垂体から「愛情ホルモン」と呼ばれるオキシトシンが分泌されます。

オキシトシンは、出産のときに子宮を収縮させて分娩を促したり、母乳を出したりするホルモンですが、さらに、最近の研究では人と人とが触れ合うことで盛んに分泌され、信頼や安心感を生んだり、絆を深めることも分かってきました。

子どもは、大好きな人に触れられることでオキシトシンが分泌されます。スキンシップをたくさん受けると、愛情が深まる、社会性が高まる、IQが高くなる、ストレス耐性が上がるなどの効果があるといわれています。低年齢なほど、オキシトシンの効果が強く表れる傾向があります。

幼少期のスキンシップの効果は一生続く

いつまでも「抱っこ!」と言っていたり、おっぱいを触るというのはママにとって悩みのタネかもしれません。でも、子どもは「ママといっぱい触れ合いたい」と本能的に思うもの。

幼少期に蓄積されたスキンシップの効果は一生続くといわれているので、できるだけ応えてあげましょう。

「ベタベタしていると親離れできなくなるのでは?」と心配する人もいますが、たくさん甘えさせる方が子どもの心が満たされ、自立を促すこともできます。

フェイスブック ツイッターをフォロー お問合せ