ママたちの声

2020年2月1日

[秋田市] 秋田アルヴェ教室 のママの声(7)

秋田大学 教育文化学部附属 小学校
受講生:伊藤 唯花ちゃん(6歳)

コぺルに通うきっかけは、年中さんになり、ひらがなをお友だち同士で書くようになったときに、書き順や形がかたよっていて、家族が正しい書き方を教えようとしても嫌がる、ということからでした。

始めたころは、食事の途中にも席を立って遊んでしまうという日常の中で、1時間イスに座っていられるか心配でしたが、次から次にいろいろな教材が用意されていて、子どもの好奇心が刺激されるのか、飽きることなくちゃんと座っていられてびっくりしました。

そして、子ども自身が「楽しかったー!また行きたーい!」と言って、毎回通い、文字・数字・歴史・絵・音楽・運動・英語……など、たくさん刺激を受けています。

家庭で取り組むプリント・ワークは、レッスンで自然と身についていることの確かめのような内容で、ほとんど自分の力でできてしまいます。

当初、小学校受験は考えていませんでしたが、コぺルを続けていく中で、たくさんの知的な刺激や、心の刺激を受けて、自然に身につけた学びの姿を見ているうちに、受験を考えるようになりました。

小学校受験で出題された内容は、レッスンでやっていることでしたので、子どもは、落ち着いて答えられたと話してくれました。

コぺルで積み重ねていることが、活かされていると思いました。

受験対策では、いすの座り方・待ち時間の過ごし方など、きめ細やかに教えていただきました。

合格に繋がっていることを実感しています。

先生方には、日頃から子育てについて相談にのっていただいたり、いろいろなお話をしてくださり、参考になっています。

いろいろな面で、コぺルに出会えてよかったと感謝しています。

同じ教室のママたちの声同じ教室のママたちの声