ママたちの声

2019年1月27日

[神戸市灘区] 阪急六甲教室 のママの声(15)

受講生:T.Aくん(6歳)
T.Aくんのママにインタビューにお答えいただきました。

Q1 始めた月齢と時期を教えてください。
0歳10ヶ月から通い始めました。
でも、産まれる前から4歳上の姉のレッスンに同室していたので、気分は胎教からのスタートです(笑)。

Q2 教室に通おうと思ったきっかけや、体験レッスンを受けての感想を教えてください。
上の娘が3歳のときに、友人から紹介してもらい、娘が通い始めました。

3歳からでも十分に効果は感じましたが、0~2歳の時期のインプットの大切さを思い、息子は0歳からスタートすることにしました。

コペルレッスンの魅力は、まず教材がいつも新しくて、きれいでカラフルで、子供を引き付ける仕掛けがたくさんあること。

そして、盛りだくさんのレッスン内容にもかかわらず、先生が子供のペースを尊重した授業展開をしてくださり、取り組みが終わると、一人一人それぞれの良いところを褒めてくださるので、子供たちの目が、どんどんキラキラと輝いて楽しそうで、親も子供に対する接し方の勉強になります。

Q3 通い始めた頃の様子はいかがでしたか。
0歳スタートでしたし、息子はかなり活発なので、椅子にずっと座ってのレッスンは、とても無理だろうと思っていましたが、初回からレッスンに引き込まれて、最初から最後まで座ってしっかり取り組みができたのは意外でした。

そしてレッスンが終わったあとは必ず爆睡するので、相当、頭をフル回転させているのだと思いました。

コペルに行く日が楽しみで、レッスンの日は、自分からかばんを取りに行っていました。

Q4 レッスンの効果を感じた出来事を教えてください。
早期からのインプットのおかげで、2歳半くらいからひらがなやカタカナを読めるようになり、興味を持った本は、自分でも読むようになりました。

五十音をコペルでインプットしていただいたので、国語辞典を引くこともできるようになり、わからないことがあれば、自分で調べています。

今は、探偵物や伝記にはまっています。

数のインプット、空間認識の取り組みのおかげで、立体をイメージすることが得意で、レゴの複雑な組み立ても楽しんで遊んでいます。

組み立てることの延長で、プログラミングに興味を持ちはじめ、Scratchを勉強中ですが、数の実数体験の成果で、指示したい動きを数値化することもスムーズにできています。

同じ教室のママたちの声同じ教室のママたちの声

フェイスブック インスタグラム ツイッターをフォロー LINE@ お問合せ